低反発クッション

低反発素材の「ウール100%低反発敷き布団」

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の布団を紹介したいと思います。低反発素材の布団といってもさまざまな商品があります。 紹介したい商品は、低反発素材の「ウール100%低反発敷き布団」です。この商品は、低反発ウレタンをウール100%で巻いてつくられています。それにより、本来のウール100%の良さと、低...

低反発素材の「トゥルースリーパーコンフォート」

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の布団を紹介したいと思います。低反発素材の布団といってもさまざまな商品があります。 紹介したい商品は、低反発素材の「トゥルースリーパーコンフォート」です。この商品は、床やたたみに直接敷いても良い布団です。三つ折りができるようになっているので、スペースも少なく収納が...

低反発素材「テンピュールの敷布団」

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の布団を紹介したいと思います。低反発素材の布団といってもさまざまな商品があります。 そこで、低反発素材でできている「テンピュールの敷布団」を紹介します。この低反発素材「テンピュールの敷き布団」のサイズは、シングルで幅95cm、長さ195cm、厚さ7.5cmです。カ...

低反発三層式敷布団

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の布団を紹介したいと思います。低反発素材の布団といってもさまざまな商品があります。 低反発のマットもありますが、それをさらに改良した「低反発三層式敷布団」を紹介します。この「低反発三層式敷布団」は、敷き布団として使えるものです。体と接する上側の面は「低反発ウレタン...

低反発二層式敷布団

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の布団を紹介したいと思います。低反発素材の布団といってもさまざまな商品があります。 低反発のマットもありますが、それをさらに改良した「低反発二層式敷布団」を紹介します。この商品は、敷き布団として使えるものです。体と接する面は「低反発ウレタン」素材を使用し、床側の面...

低反発商品の手入れ方法

低反発枕や低反発マットレスなどの低反発素材からできている商品のほとんどが洗うことはできないので、風通しの良いところで陰干しします。また、低反発素材の商品それぞれの専用カバーやシーツなどを使用します。そして、そのカバーやシーツなどを洗濯することで清潔を保ちます。低反発素材は、長時間使用せずに置いておくと古い空気が低反発素材の中に留まります。長時間後に使用する際は、素材をもみほぐしてから使うことをおす...

低反発商品を安心使うには

反発素材「低反発ウレタン」についていくつかの疑問点をQ&Aにてまとめました。Q1.低反発素材「低反発ウレタン」は可燃性についてどうですか?A.周りに火元さえなければ、自然に火が出るものではありません。火元が別にあってその影響によって火がつく場合は、およそ400℃以上ある場合です。Q2.低反発素材「低反発ウレタン」は、肌への影響はありますか?A.一般的な低反発素材の商品であれば、特に肌へ影響を引き起...

低反発ウレタンの仲間

低反発ウレタンには、次の3種類があります。それぞれについてまとめました。1.「軟質ウレタンフォーム」・・・フワフワとバネのような弾力、ゴムのような伸縮性を兼ね備えた素材です。元に戻ろうとする力にも優れています。一般的な低反発といれる枕などはこの種類になります。主に使われている部分は、「枕」「マットレス」「スリッパ」「台所スポンジ」「肩パッド」「靴底」「野球ボールの芯」「自動車座席用クッション」など...

低反発ウレタンができるまで

低反発ウレタンは、次のような原料を化学反応させてウレタン樹脂の発泡体作ります。低反発ウレタンの原料は、「ポリオール」「イソシアネート」「水」「触媒(アミン触媒、金属触媒など)」「整泡剤(界面活性剤)」です。用途によりますが「顔料などの添加剤」を使うこともあります。化学反応によって作られたウレタン樹脂の発泡体を成形していきます。成形方法は主に「スラブ成形」と「モールド成形」です。「スラブ成形」とは、...

低反発ウレタンとは

低反発ウレタンとは、「スポンジ」の仲間です。そのスポンジの仲間は、いろいろな分類によって分けられています。その中に「ポリウレタンフォーム」という分類があります。その分類に低反発ウレタンは属します。低反発ウレタンの特徴は、1.体圧の分散、2.耐衝撃性、3.圧力の吸収性などです。手で触った感じはマシュマロのようです。低反発ウレタンに手をつくとゆっくりと沈み込みます。そして、低反発素材から手を離すとゆっ...

低反発素材「体圧分散クッション」

低反発クッションなど手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の「体圧分散クッション」を紹介したいと思います。この低反発素材の「体圧分散クッション」の特徴は、まず「高密度低反発ウレタン素材」を使用していることです。この「高密度低反発ウレタン素材」を使用しているため、体圧を分散する働きがあります。そして、座...

低反発素材「テンピュール」クッション

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の「テンピュール」クッション各種を紹介したいと思います。1.「テンピュールシートクッション」サイズは縦40cm、横42cm、厚さ5cmです。色は、アイボリー、ダークブルー、イエローがあります。イスなどに敷いて座るもので、座った人のお尻に合わせて沈み込むので、長時間...

低反発素材「低反発クッション(背もたれ用)」

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の「低反発クッション(背もたれ用」を紹介したいと思います。この低反発クッション(背もたれ用)の価格は、3055円(税込)です。低反発クッション(背もたれ用)のサイズは、幅41cm、高さ44cm、厚さ9.5cmです。低反発クッション(背もたれ用)は、腰痛など腰に不安...

低反発素材「らくちん美尻クッション ベージュ」

低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の「らくちん美尻クッション ベージュ」を紹介したいと思います。低反発素材の「らくちん美尻クッション ベージュ」の価格は、2100円(税込)です。この低反発素材のクッションは、座ることで左右の両側に膨らみができます。そして、真ん中の開いた部分に向かって力が加わるようになっています。そのため、正しい姿勢が維持でき、背筋を伸ばす効果...

低反発素材「お医者さんの円座クッション」

手をおくとゆっくり沈み込み、手を離すとゆっくりと元に戻る、そんな低反発素材を使用したいろいろな商品が市販されています。そこで、低反発素材の「お医者さんの円座クッション」を紹介したいと思います。「お医者さん」とついているのは、医師平石貴久氏が考案したものだからです。日ごろの生活では、「デスクワーク」「ドライブ」など長時間座り続けていたり、授乳や痔なども含め、腰やお尻に負担をかけていることが多いです。...

おすすめの低反発マットレス

誰でも必ず睡眠中に寝がえりをします。しかし、その寝がえりをすると同時に脳は、睡眠から目を覚まします。そのため、少しでもその寝がえりをする回数を減らすことができれば、より快適な睡眠できるようになります。そこで、お勧めしたい商品が「トゥルースリーパープレミアム」です。この商品は、NASAによって、重力の衝撃から宇宙飛行士の体を守るために開発された緩衝材が低反発素材をヒントに新しく開発された素材を使用し...

低反発マットレスのメンテナンス

低反発マットレスを使用するにあたって、いくつかの悩みについてQ&Aにてまとめました。Q1.低反発マットレスの寿命はどれくらいですか?A.低反発ウレタン素材の程度は、いろいろあり素材でも違いがあります。国産の良いもの(高価)と外国産(安価)を比べると国産の方が長く持つようです。Q2.低反発マットレスを日干しするにはどのようにしたらよいですか?A.低反発マットレスは、直射日光に当ててはいけないので、陰...

低反発マットレスの選び方

睡眠は、生きる上でとても大切なことです。その睡眠で必要となるのが「寝具」です。寝具の1つであるマットレスについて、選ぶときのポイントをまとめました。1.硬さ・・・マットレスが硬すぎると肩、腰、首へ大きく負担がかかります。通気性と適度な弾力性、復元力のあるものがおすすめです。自分の体にフィットするようなものを選ぶことが大切です。2.体圧の分散・・・体重を点で支えるようなマットレスでは疲労解消などは困...

低反発マットレスの使い方

低反発マットレスに、手をつくとゆっくりと低反発マットレスは沈み込みます。そして、低反発マットレスから手を離すとゆっくりと低反発マットレスは、元の平らの状態に戻ります。この低反発マットレスの素材の低反発ウレタン素材は、認知度も高くなり、クッションや枕などさまざまな物に用いられ多種多様の商品が市販されています。低反発マットレスも厚さが違うなどいろいろな商品が市販されています。低反発マットレスの基本的な...

低反発マットレスとは

NASAによって、重力の衝撃から宇宙飛行士の体を守るために開発された緩衝材が低反発素材です。その無数の気泡が含まれている低反発ウレタン素材を用いて作られたものが「低反発マットレス」です。低反発マットレスに、手をつくとゆっくりと低反発マットレスは沈み込みます。そして、低反発マットレスから手を離すとゆっくりと低反発マットレスは、元の平らの状態に戻ります。そのため、この低反発マットレスに寝ると体の部分だ...

腰痛に良い低反発素材

腰痛など体によい低反発素材は、ウレタンの素材です。 この素材は、ロケット発射時の宇宙飛行士にかかる衝撃を和らげるために開発されました。 現在では寝具のマットや枕、クッションなどさまざまな商品に使われています。 低反発素材のクッションの形はいろいろあり、四角い物から中心に穴が開いた円形の物などがあります。 これらクッションは、腰へかかる負担を軽減するためのものであり、長い時間座っていても疲れにくい、...

低反発クッションで坐骨神経痛改善

坐骨神経痛がある人は、日ごろの生活にも支障が生じたり、デスクワークの仕事をしている人にとっては、つらい状態となります。 坐骨神経の人は、姿勢が悪いことが原因でもあります。 そのため、体の一部に負担をかけてしまい、それに耐えられなくなった結果、座骨神経痛を発症します。 ですから、少しでも姿勢を改善して、長い時間座ったとしても体への負担を軽くすることが大切です。 負担を軽くするには、クッションを用いる...

円座クッションと姿勢改善

一日を通して座っている時間は長時間になるとお思います。 特にデスクワークの人は、一日中座りっぱなしになります。 このように座っていると、足自体は疲れませんが、腰への負担が大きくかかっています。 長い時間座っていたために腰が疲れたという経験をした人は多いと思います。 しかし、この座っていて腰が疲れたというのは腰によくないため、腰痛を引き起こす原因にもなります。 腰は体を支えるためにとても大切な部分で...

妊娠と円座クッション

妊娠すると、女性の体はだんだんと変化してきます。 なぜなら、赤ちゃんが通って生まれてくる「産道」という部分を通りやすいように準備をするからです。 そのため、通常より骨盤は開くので痛みが生じます。 また、お腹で赤ちゃんが育つともにその重さも支える必要があります。 ですから、妊婦のときは体に大きく負担がかかります。 腹筋などが鍛えられてない人は、筋力が弱いので大変です。 妊婦の間は、日ごろからマッサー...

円座クッションと痔

円座クッションは、ドーナツのような形をしていて、中心に穴が開いています。 このような形のクッションに座ることで、お尻へかかる負担がかかりにくくなり、姿勢も良くなります。 お尻の下に敷くだけなので、仕事先でも自宅でも座るときに手軽に使えます。 お尻へかかる負担がかかりにくくなるため、お尻へかかる刺激が弱くなります。 痔の場合、そのままイスなどに座ると痛みを感じたりするため、横向きに寝て生活するほうが...

円座クッションと美容

お尻に黒ずみができる原因には、角質の厚さが厚くなることや、くりかえし同じところに刺激が与えられるためです。 どうしても座るときには、上半身を支えているのはお尻で、重さがお尻にかかります。 そのため、刺激を与えられたお尻の部分の角質が厚くなり肌の黒ずみとなってしまうのです。 これは、イスや床に座ることだけではなく、自転車を乗る人も同じです。 元々お尻というのは皮脂量が少なく、乾燥しやすいところのため...

綿素材クッションとの違い

まず、ごく普通の綿素材のクッションは、ソファやベッドにおいて、見た目をよくするためのインテリア的な存在です。 最近、低反発ウレタンを素材としているクッションなどが数多く市販されています。 この低反発ウレタンを素材としているクッションの役割としては、腰痛を予防したり、腰痛を和らげたり、姿勢矯正などさまざまな目的を持っているクッションが多いです。 そのような目的のために、荷重の圧力が分散する性質をもつ...

低反発ウレタンとは

低反発ウレタンとは、「スポンジ」の仲間です。そのスポンジの仲間は、いろいろな分類によって分けられています。 その中に「ポリウレタンフォーム」という分類があります。 その分類に低反発ウレタンは属します。 低反発ウレタンの特徴は、1.体圧の分散、2.耐衝撃性、3.圧力の吸収性などです。 手で触った感じはマシュマロのようです。 低反発ウレタンに手をつくとゆっくりと沈み込みます。 そして、低反発素材から手...

低反発ウレタンができるまで

低反発ウレタンは、次のような原料を化学反応させてウレタン樹脂の発泡体作ります。 低反発ウレタンの原料は、「ポリオール」「イソシアネート」「水」「触媒(アミン触媒、金属触媒など)」「整泡剤(界面活性剤)」です。 用途によりますが「顔料などの添加剤」を使うこともあります。 化学反応によって作られたウレタン樹脂の発泡体を成形していきます。 成形方法は主に「スラブ成形」と「モールド成形」です。 「スラブ成...

低反発ウレタンの仲間

低反発ウレタンには、次の3種類があります。 それぞれについてまとめました。 1.「軟質ウレタンフォーム」・・・フワフワとバネのような弾力、ゴムのような伸縮性を兼ね備えた素材です。 元に戻ろうとする力にも優れています。 一般的な低反発といれる枕などはこの種類になります。 主に使われている部分は、「枕」「マットレス」「スリッパ」「台所スポンジ」「肩パッド」「靴底」「野球ボールの芯」「自動車座席用クッシ...

軟質ウレタンフォームの臭気

クッションなどに使われる低反発弾性の軟質ウレタンフォームの臭気について紹介します。 低反発弾性の軟質ウレタンフォームも元々の樹脂の段階では無色無臭です。 しかし、製造段階で触媒、整泡剤、顔料、難燃剤などが加えられるため、臭い原因となる場合があります。 また、包装資材、カバー使われているものなどが臭いの原因となっていることもあります。 Q1.では、この臭いはいつまでも残っているものですか。 製造時に...

軟質ウレタンフォームの安全性

クッションなどに使われる低反発弾性の軟質ウレタンフォームの安全性について紹介します。 Q1.クッションなどに使われる低反発弾性の軟質ウレタンフォームを誤って飲み込んでしまった、低反発弾性の軟質ウレタンフォームを口に入れてしまったなどの場合、体に害となりますか。 A.動物を使った研究がありますが、特に生理的な影響はないという結論が出されています。 人体への生理的な影響も同じような結果だと考えられます...

軟質ウレタンフォームの特長

普通のウレタンフォームと低反発弾性フォームは同じように、主にポリオールとポリイソシアネートを成分としています。 そして、「発泡剤」「整泡剤」「触媒」などを合わせて発泡します。 さらには「着色剤」「難燃剤」などの「添加剤」も必要性に応じて用いられる場合もあります。 つまり、クッション性や耐久性、衝撃を吸収する、熱に強い、断熱性、着色も自由にできるなど幅広い特徴を持っている素材です。 クッションにこの...

軟質ウレタンフォームの耐久性

寝具のマットや枕、クッションなどの素材として使われている低反発弾性のある軟質ウレタンフォームという素材があります。 この低反発弾性の軟質ウレタンフォームは、耐熱性や耐寒性は優れています。 耐熱温度はマイナス20度から80度の使用可能範囲があります。 しかし、ウレタンの素材でも種類によっては違いがあります。 80度で連続して使った場合、強度が半分まで低下するには、およそ500日から700日かかります...

低反発弾性フォームとは

「低反発弾性フォーム」とは、「低反発フォーム」と呼ばれています。 この素材は「軟質ウレタンフォーム」という素材の一種です。 軟質ウレタンフォームとは、「弾性」「粘性」の両方を併せ持った「粘弾性フォーム」です。 特別な分子構造に設計され、大きな衝撃も吸収できる性質もあります。 発泡連通しているため、圧力をかけた後、圧力をはずすとゆっくりと素材は元に戻ります。 他の素材と比べて反発する力が15%くらい...

低反発弾性フォームとはどのような組成のもの

普通のウレタンフォームと低反発弾性フォームは同じように、主にポリオールとポリイソシアネートを成分としています。 そして、「発泡剤」「整泡剤」「触媒」などを合わせて発泡します。 さらには「着色剤」「難燃剤」などの「添加剤」も必要性に応じて用いられる場合もあります。 ポリオールのつくりに特徴があるため復元性があり、圧力を吸収する性能をよくするための粘弾性を持たせるためにポリウレタン樹脂を組成としていま...

低反発弾性フォームの特長

低反発素材の低反発弾性フォームは、軟質ウレタンフォームという低反発素材の1種です。 性能も広い範囲で発揮できるため、さまざまな用途で使用されています。 主に寝具のマット、敷布団、枕、クッションなどに使用され、体の形や動きに合わせて変わるので体への圧力が分散され るものです。 <<低反発弾性フォームの特長>> ■復元性 軟質ウレタンフォームの場合は、圧力がかからなくなったと同時に元に戻ります。 低反...

低反発弾性フォームの規格

低反発の素材「低反発弾性フォーム」の種類には、スラブ品とモールド品があります。 スラブ品は、いろいろな形にして用いますが、モールド品は寝具のマットや枕などの成型品として用いられます。 低反発素材の規格の主なものは、硬さや反発弾性率、密度などですが、種類によってフォームの独特な性能を規格化することもあります。 なお、一般的に低反発弾性フォームは、感温性があり、他の素材にない触りごこちや元に戻る速さに...

低反発商品を安心使うには

低反発素材「低反発ウレタン」についていくつかの疑問点をQ&Aにてまとめました。 Q1.低反発素材「低反発ウレタン」は可燃性についてどうですか? A.周りに火元さえなければ、自然に火が出るものではありません。 火元が別にあってその影響によって火がつく場合は、およそ400℃以上ある場合です。 Q2.低反発素材「低反発ウレタン」は、肌への影響はありますか? A.一般的な低反発素材の商品であれば、特に肌へ...

低反発商品の手入れ方法

低反発枕や低反発マットレスなどの低反発素材からできている商品のほとんどが洗うことはできないので、風通しの良いところで陰干しします。 また、低反発素材の商品それぞれの専用カバーやシーツなどを使用します。 そして、そのカバーやシーツなどを洗濯することで清潔を保ちます。 低反発素材は、長時間使用せずに置いておくと古い空気が低反発素材の中に留まります。 長時間後に使用する際は、素材をもみほぐしてから使うこ...

低反発クッション
低反発クッション
ゆっくり沈んでゆっくり戻る低反発の円座クッション

サイトMENU

Copyright (C) 低反発クッション. All Rights Reserved.